FC2ブログ

分かりやすいけど

今日は、もういっちょ。

NHK総合 土曜ドラマ 氷壁 第3回
第2回は、玉木宏と山本太郎がK2マジックラインのアタックを開始するが、雪崩に巻き込まれ山本太郎が骨折、玉木宏は上ってきたルートを下山するより、一度上らねばならないが、より安全なノーマルルートでの下山を選択する。しかし、ノーマルルートへの登攀中、山本太郎が滑落、行方不明となってしまう。一人、奇跡的な生還を果たした玉木宏は、記者会見でヤシロのカラビナに問題があったと発言する。
第3回では、玉木宏とヤシロの全面対決が開始されたわけですが、いや、裁判ですか。ぐずぐずの泥仕合になっていくのでしょうか。緊迫感あふれる裁判シーンが展開されておりましたが、ちょっとヤシロ側がいやらしすぎる気もします。現実はもっとえげつないのかも知れませんけどね。
このドラマでは、登場人物の心の動きが重要視されているようです。初回から、この点はとても丁寧に描かれて感心します。今回も同様に微に入り細に入り描写されていたのですが、丁寧すぎてくどくなってきました。いや、人間とは贅沢なものです。
とくに、鶴田・レディースフィンガー・真由の心情は複雑なので、その思いに振り回される玉木宏との描写は、そこまでしなくてもと思うほど。コレがあったからこうなったと、ちゃんと順番に描かれているので、分かりやすいんですけどね。
さて、吹石一恵 の出番が徐々に増えてまいりました。兄への思い、玉木宏への思い、一途さが良く出ています。「おにいちゃん」をサンプリングして
玉木宏が山本太郎の実家へ挨拶へ行ったとき、吹石一恵がVネックの半袖シャツを着ていたので、夏の設定だったと思うのですが、母、吉行和子は半袖だったのもののタートルネック。やはり首を隠したいんでしょうかね。お年から考えれば、お美しいかたですのに。

さて、第4回は、玉木宏の鶴田真由への思いを知ってしまった吹石一恵が、玉木宏へ告白、鶴田真由との直接対決へ。大活躍の巻となるのでしょうか。楽しみです。
とりあえず今夜は 週刊人物ライブ スタ☆メン で。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

NHK土曜ドラマ:「氷壁」 第3回

いよいよ法廷シーン。ヤシロが奧寺に對して損害賠償請求の訴訟を起こした。爭點は、奧寺の主張するやうに、北澤が亡くなつたのはヤシロのカラビナが原因かどうかにかかつてゐる。ヤシロ側の辯護人が奧寺に質問をした。北澤の自殺ということはないと云ひきれるのか?何故さう