FC2ブログ

一生の仕事

というわけで、女王の教室 エピソード2~悪魔降臨~ です。

あの傷だらけの身体は、一児童からつけられた物だったのですね。勝手に頭の中で「歴戦の勇士」的ドラマを組み立ててしまっていたので、「あ、そうだったの」って感じ。

昨夜は鬼教師として生きて行く決意をした 天海祐希 でしたが、今夜は鬼教師のタマゴとして、問題を抱えるクラスの担任として再教育センターから復帰しました。そこには、クラスを影で操る少年がいて・・・。

「なんで人を殺しちゃいけないんですか」とはショッキングなセリフではありますが、今、真剣に向き合わなくてはいけない問題なのかも知れません。そして、人の本当の強さとは幸せとはどういうことなのかを考えなくてはならないのかもしれない。まあ、頭ではわかっているのだけど。

西田尚美 は、あっち側だったか。同僚教師かなにかと思い込んでいたよ。出番も少なかったし、ちょっと損な役回りでした。白夜行 もそうですが、盲目的な愛情をそそぐ役が続くね。

本編では内藤剛志をぶん投げていたりしたので、赴任前に護身術などを特訓するシーンとかを想像していたのですが、そういうわけではないのね。この学校のあと再教育センターで習うのかしら。
神田と真鍋が中学に進んでから付き合いがないというのはちょっとがっかり。現実はそんなもんですけどね。

ペンや傷跡など本編とのつながりも見事で、見応えのある2夜でした。
志田未来松川尚瑠輝 の姿も見られて楽しかった。あっというまに大人になりますね。
ああやって卒業生が訪ねてくるというのも大変ですね。真矢は例のごとく「自分で考えなさい」とヒントを与えるだけですが。


急いで 愛と死を見つめて にチャンネルを変えたんですけど、ユースケ・サンタマリアだけ時代が違うんだ。髪を切って耳を出せってば。
明日はちゃんと見るかも。こういう話は苦手なんだけど。広末涼子 の関西弁(?)、かわいい。なんか脱いでたりするんですけど。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント