FC2ブログ

オール・オア・ナッシング

話題の暫定税率だけどね。
なんで、現状維持か全面廃止の対決になってるんでしょうかね。

今のガソリンの価格が正常だとは思えないわけで、そこは何とかしなきゃいけないでしょう。
それこそ、議員立法やら特別措置法でもいいんじゃないかね。
「国民生活」云々と言うのであれば。

とはいえ、いきなり廃止の方向でいいとも思えないので、いっそのこと1年ごとに税率見直したらどうでしょ。

環境を楯に「ガソリンは高いほうが良い」とか聞くとガッカリする。
じゃ、道路がなければもっといいんじゃねーのか、センセイ。

地方も地方で、なんでもかんでも欲しがるのは如何なものか。
空港、新幹線、高速道路・・・。
まぁ、ホントに欲しいのは公共事業というわけなんだろうけど。

なので、ガソリンの売価をまず安定させるために1年間の見通しで税率を決め、税収を試算。
道路整備に必要な予算を各自治体から提示。
予算の安い順に採用。
予算枠一杯になったらそれ以降は不採用。
で、いいんじゃね?
そうしたら、本当に必要なものが見えてくるんじゃないの?

これだけ借金あったら、あちこち泣かなきゃいけないわけだし、四方八方いい顔しないで、泣きどころをハッキリさせないとどうにもこうにも立ち行かないよね。

まぁ、個人的には、主要幹線道路の軽車両(自転車)専用レーンの整備と、それに関する道交法の改正がセットになるんだったら税率は今のままでも良いけどね。
環境にも優しいですぜ、センセイ。
でも、自転車のほうが便利ってことになったら、ガソリンの消費量が減って色々と問題がでてくるのかもね。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント