見ごたえあったのに

あしたの、喜多嘉男

堪能しました。
サスペンスあり、人間ドラマあり、謎解きあり、笑いあり。
キャストも派手さはないものの、個性たっぷりの面々。
一番の見所は、小日向文世。
好き嫌いがハッキリ分かれるところと思うが、善玉嘉男と悪玉嘉男の対決シーンは毎回の見せ場。
凶悪なものを呑み込んだようなヤクザ役から、気の小さい善良な小市民役まで自由に演じ分けるベテランならでは。
視聴率があまり高くなかったらしいのが惜しいけど、まぁ他と比べてってはなしでね。
やっぱり、主人公が死ぬ結末じゃないといけないのかね。

最後のスタッフロールを見ていたら、キャストに原作(原案?)の 島田雅彦 の名前が。
見逃しちまったよ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント