ドラマばなし(海外版)

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班

CSIを期待すると「あれ?」な感じですが、捜査班のメンバーのキャラクターの強さは楽しめました。
そういった意味では「9係」に近いかもしれない。

911以降、アメリカのドラマはテロ問題を多く扱っていて、NCISもご多分に漏れず後半暗い影を落とします。
身近な問題として「テロ」がある以上しょうがないのかも知れませんが、ファンキーな感じで始まったので、ちょっと惜しい気も。
Wikiによると、当時、コメディの「ダーマ&グレッグ」は不謹慎という理由で打ち切られたとありますしね。

まぁ、舞台が空母や潜水艦だったり、その他の部分でも楽しめたので良しとする。

ところで、鑑識のアビーの声はあっちのアビーの声と同じだったのね。

コールドケース2 が始まったので、こちらも楽しみ。


刑事ナッシュ・ブリッジス

テレビ東京、またも最終シーズンを放送することなく。改変期の穴埋めか~。

しかも CSI:マイアミ5 になって放送時間変更。前半見逃し続け・・・。


プライミーバル 第3章

NHKのくせに、大恐竜展とかなんとかのキャンペーン的に始まったような気がする、なにやら・・・な放送ですが、第3章でひとまずピリオド。

第3章では、時空の亀裂から来る古代生物のお話から、未来のお話へと移行していきました。
カッター博士は古代生物専門なので死亡、ってことではないでしょうが・・・。
歴史が変わって、あっけなく復帰とかないですかね。

一見、子供向けに見えますが、侮るなかれ、なかなかどうして、日曜の午前中にまったりしながら見るには最適。

第4章は本国で制作中?
NHKでは放送してくれるんでしょうか。ザ・ホワイトハウスの恨みは忘れない(笑)。


ERXIII 救急救命室

あっちのアビーのあっち。

レイたん・・・。ロケット・ロマノとかグリーン先生とかグラントとか、うぐうぐ。

ウィーバー先生も去ったし、サムは子供と別れるし、プラット先生は捕まるし、ニーラは男運悪いし。
お医者さんは結構大変なのかも知れない。

ところで、ゲイツ役のジョン・ステイモスってフルハウスのおいたんなのね。
なんで堀内賢雄じゃないのって、ドゥベンコ役だからね。

こちらでも、救急車に乗り込んでいる救急救命士(?)が咳き込んでいると、「(911で)アスベストを吸ったから・・・」というようなやり取りがありました。やっぱり、身近なんでしょうね。

さて長く続いたシリーズも次は最終シリーズです。
グリーン先生が回想シーンで出るとか出ないとか。カーターは出ないの?


新ビバリーヒルズ青春白書

うーん、旧シリーズが好きだったので見てはいたのですが、大人の事情に振り回される若者という構図が多かったのが、若者の事情に振り回される大人、という視点に変わったような気がします。
そのため、旧シリーズでは、大人は未熟な若者にちょっと手助けするという感じだったのが、新シリーズでは、大人メインの描写が増えてますね。

というか、アタシが歳を取ったせいだろうけど、途中、ゴシップガール とゴッチャになったさ。

旧シリーズの女子達も様々な立場で登場してます。
地元UHF局で再放送をやっているので、見比べてみたり・・・しなきゃ良かった。
ドナちゃん・・・。

旧シリーズのデビッド役、ブライアン・オースティン・グリーンは ターミネーター サラ・コナークロニクルズ に、抵抗軍の兵士役で出てましたね。
役柄もあるだろうけどデビッドの面影なし。

そりゃ、アタシも歳を取る。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント