FC2ブログ

NHK3題

実験刑事トトリ

第一回、第二回ともにアリバイトリックかぁ。

アリバイトリックは、こじつければどうとでも解が出るからあんまり好きじゃないんだよなぁ。
犯行可能と分かった後に、証拠を見つけて欲しいものです。
探偵が「こうすれば犯行可能だ」と容疑者に言うと「うぅ、なぜ分かった」と犯行を自供してしまうパターンはどうにも解せず。探偵と犯人のキャラクターにもよりますが。

さて、このドラマ、最近のハヤリなのか、トリック自体はあっと驚くものではないです。
まぁ、刑事コロンボ同様の倒叙物だということもありますが。

とはいえ、「実験刑事」というほど実験で犯人を割り出しているわけでもないんだよなぁ。
最初から犯人の目星付けているし。

三上博演じる主人公トトリのキャラクターを楽しむ番組ですかね。
事件の最後に動物のお話しで〆るのは結構好き。

あと、梅ちゃん先生で変人を演じた高橋光臣が、変人トトリに振り回される役どころというのは面白い。



薄桜記

物語も佳境に入りつつありますが。
つーか、トトリもそうだけど、BSで放送終了後、総合で放送のパターンが多いですね。
薄桜記は、今回の、総合で放送=12月に最終回というのが、忠臣蔵的に正しいのかも知れないけど。
逆に放送時期を計算されているようでイヤミ。

久しぶりの時代劇だし、内容的にも面白いんだけど、もちろん。

ちょっとすっ飛ばしすぎなところは気になるけど。
お豊ちゃん身売り→号泣から、お大尽と豪遊までが短すぎて、お大尽にお豊ちゃんの借金の肩代わりをお願いしてあげてよーと思ったことよ。
まぁ、その前に典膳の「人には人の運命が~」などという場面があったので、一旦、整理されたということでしょうか。

次週、お豊ふたたび! の段をお楽しみに。



恋するハエ女

なんか、政治がらみのお話しみたいなので、初回を見ただけでは何とも。
あ、女性向けぽかったので深夜の再放送を録画してみているという大幅タイムラグありありの視聴方法を採っております、あしからず。

PTA会議での吊るし上げやら恋人に振られるやら、イヤな現実からネットや妄想に逃避してると、ネット上で内閣情報調査室の男と知り合いになり・・・。

初回の最後に、PCをぶっ壊し窓の外に投げ捨てた主人公、さて今後は? ってな感じですが、いやー、またしても、ダメ主人公スタート。
成長物語は分かるけど、マイナスから成長されても困る。
フツーでいいんですよ、フツーで。

というわけで、今後の展開しだい。
演出は凝ってます。



シングルマザーズ

いや、ワタシの心境からするとシリアス過ぎのようなので見てないのですけど、沢口靖子、酒井若菜、忽那汐里とか見ておけば良かったか。
チャンネルを合わせると、北斗昌やユージが出ているので、じっくり見る気になれなかったの。

沢口靖子が年相応というか疲れているように見えるのは、メイクがリアルなのか映像演出なのか、なんかスゲーなとは思う。さすがNHK。



NHKもなにやら不祥事で大変そうですが・・・。
「酒は怖い」なのか、「人間の本性って怖い」なのか。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント