FC2ブログ

ドラマ初回その3

シェアハウスの恋人

ツリーハウスの中、スゲー立派! と思ったら、別にツリーハウス=シェアハウスじゃなかった、ウカツ。

ラブコメディということだったので、もう少し笑える内容を期待したんですけど、前半がコメディパート、後半がいい話だなー系の例のパターンか?

女・男・男の三角関係の設定は面白いんだけど、笑いに持っていくのは、なかなか難しそう。
扱い方によっては差別的になってしまうし、微妙なところ。

つーか、木南晴夏はいるものの、女子分がほぼ水川あさみだけっていうのは、まぁ、ターゲットを女性視聴者に絞ってるということでしょうね。

うーむ、女子向けなら、それはそれでいいんですが、ちょっと今期は女子向けが多いかなぁ。



あぽやん~走る国際空港

旅行代理店の本社勤務だった男が、空港カウンターに異動になって、「絶対、本社に帰るんだ!」で、空港カウンターのスタッフと対立しながら、成長していく物語・・・、かと思ったら、その辺の対立構造は初回で終了。
良かった・・・。
面倒くさい性格の主人公が面倒くさい問題を起こして、マッチポンプ的にお話しが展開していくのが最近苦手。

と、思ったら、空港カウンターのお客様が大層面倒なお客様ばかりで・・・。
で、あぽやんの活躍で、お客様を笑顔で送り出していくという、ちょっといい話。

現実世界では、787の運行停止問題で、一人のお客様にそこまで掘り下げて関わりあってるヒマねーだろーなー、などと思ってしまうのです。
まぁ、タイミングが悪いっちゃー悪いですね。



夜行観覧車

まぁ、若い頃はカフカなども好きで読んだりしたもんですが・・・。

登場人物がそれぞれさまざまな抑圧を受けていて、だんだん全員が怪しく見えてくるんですが、抑圧のされ方がえげつなくて見ててツライ。

高級住宅街、ひばりーヒルズじゃなくてひばりヶ丘で殺人事件がおき、現在の捜査状況に合わせて、過去の出来事、主に抑圧されていく住人たちが描かれる構造は、カラマーゾフの兄弟 に似ているかも知れない。
とはいえ、街と家庭の規模の差なのか、どうにもこちらのありようは耐え切れない。

おそらく、現在進行形の捜査と、徐々に過去の出来事が判明していくことで、解決時にはカタルシスが訪れる構造なのだとうと頭では理解しているんだけど、そこまで我慢できるか心配・・・。

サキ もそうだけど、過程を楽しむドラマなんだろうなぁとは思ってるんですけどね。
特にサキは自殺に追いやる理由がほとんど分かってないし。

まぁ、カフカには理不尽な抑圧ばかりで解決なんかなかったですけどね。



泣くな、はらちゃん

まぁ、こちらも若い子分は少ないんですが、コメディとしては王道ですかね。
はらちゃんの馬鹿っぽく純真なところも長瀬智也にあっているし。

マンガから現実世界に飛び出してきたはらちゃんは、マンガが描かれたノートを開いてしまうとマンガの世界に戻ってしまうので、怪しいと思ってノートを開いても、確認しようがないという設定は利いている。

井上鑑の音楽がいいです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント