FC2ブログ

スペシャルドラマ

まぁ、そろそろ、弟が精神鑑定を受けさせて、責任能力がないことを証明しておいたほうが良さそげ。
元首相。

怪物

なんだよ、映画も作って、その映画もずいぶん前にテレビで放送して、まだスペシャル作るのかよーと思ったら「くん」が付いてなかった。

佐藤浩市、栗山千明、多部未華子、向井理なら見ておかなきゃ。

栗山千明の来歴とかちゃちゃっと進んで、シリアスなのにテンポも良い感じ。

佐藤浩市が、ダークサイドに落ちるのかどうかで、場面転換、栗山千明に呼び出されケーキを食うあたり、それまでの焦燥感から何か憑き物が落ちたように豹変しちゃってて、メイクの力もあるだろうけど、圧巻。

最後の最後、ニーチェの引用を向井理と多部未華子で割っちゃったのは、やりすぎか。
ちょっと特撮ヒーローっぽくなっちゃって、「後のハングマンである」とつぶやいたのはワタシだけではあるまい。

テーマ的には 善悪の彼岸 ってやつですかね。
コレを読むと、意味は分かんないけど、なんか元気出るよねー。
くらいのバカなので、ゾロアスターがとかなんとか言ったのさ とかなんとかのほうかも知れん。

セクシー多部ちゃんは、あれくらいが限界なのかしら。

要潤も、二世議員の小物感が出てて良かった。
ちょっとイケメンすぎて、少女性愛者には見えなかったのが難点か。



でたらめヒーロー

ザッピングで通り過ぎるとき、ふと手を止めて見る程度だったので、簡単に。

佐藤隆太、塚本高史、元仮屋ユイカ、小日向文世だったのに、壮絶な無駄遣いだったような。

タイトルからコメディと予想して見たら、コメディどころか人情話でテンポも悪いし、先が予測付いちゃうし。

主人公挫折してるでしょ、子供が健気でしょ、友情でしょ、恋愛でしょ、主人公立ち直るでしょ、って、まぁ、分からんでもないけど・・・。




というわけで、冒頭で元首相のことを書いたので、現首相のことも。
国会閉会時に「ねじれ国会の象徴だ」「皆さんと一緒に」などと記者会見で仰ってましたが、うーん、なんだか表情がおかしくなってきてるような気がするのよねー。
問責決議案を出すほうも出すほうだけど、出すのを待っているほうも大概だなぁと、偏見の目で見ていたせいかもしれないけど。

まぁ、どちらも個人の感想です。選挙前だし。


そういや、ネット選挙で不思議に思ったことがあるんだけど、メールを送信していいかどうか許可を取って、候補者が有権者にメール送信するのは、まぁ、当たり前にOKだけど、有権者が有権者にメールを送るのは罰則があるらしい。
ついでだから、電話もNGにしてくれないですかね。
メールはスパム設定すれば受信しなくて済むんだけど、電話だとそういうわけに行かんのですよ。
電話もして良いか悪いか許可を取って欲しいところだけど、電話で確認されてもね、なので・・・。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント