FC2ブログ

ドラマ初回、人物設定が

ニトリのDCモーター扇風機、電源オフにしたときの赤ランプ点灯いらないわー。

救命病棟24時

言わずと知れた医療ドラマの人気シリーズ、のはずなんだけど、老舗だけあってちょっとマンネリ化し始めたか。

刺傷事件と爆発事故で大量搬送、救急救命センター大パニック。
医局長・松嶋菜々子の指示に従わず、勝手に治療を始める部下のドクターたち。
患者として運び込まれたベテラン医師・時任三郎が、指示を出し混乱を治め、事なきを得る。
うーん、デジャブっていうんですか、こういうの。

また、バラバラな救急チームを立て直すんですかー?
そろそろ、チームワークを良くする術を学んでください、小島先生。

敵役も、イヤな上司づいてる病院長・段田安則の配役は良いとして、対立する理由が「医局長は誰がやっても難しい。それならば美しい者にやらせたい。美しい顔が歪むところを見てみたいのだ、うわっはっはっはー」(脚色あり)、それを受けて看護師長・安寿ミラ「変態さんですね」(脚色あり)、段田安則「誉め言葉として受け取っておこう」って、何コレ・・・。

安寿ミラのセリフは、正しくは「相変わらず、最低でいらっしゃいますね」なんですが、どう受け取っても誉め言葉にはならないんですけど・・・。

敵役は敵役らしくってことなのかも知れないけれど、もう敵対させるために存在する役。
分かりやすいを飛び越えちゃってますよー。

コメディパートも不発気味。
テンポを上げるために、説明不足になっちゃった印象。
いきなりヘビとか持ってこられても。

脳死と臓器提供など、切り口はあったと思うんだけど・・・。

登場人物、設定説明で時間を食いすぎたのかも知れませんね。
次回以降に期待。

風間俊介と岡本玲ってさぁ・・・。

佐々木蔵之介は、監察医じゃないけど、酒が入ると お天気お姉さんの三雲先生っぽくなります。

そういえば、前シリーズから印象が変わったよなぁと思ったら、前シリーズは江口洋介が怪我してアレだったのか。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント