FC2ブログ

最終回その1

オリンピック招致成功おめでとうございます。
TPPのロビー活動も頑張って欲しいものです。


警部補 矢部謙三2

スピンオフなので、これくらいヌルイ感じで良かったですかね。
大和田伸也も面白かったし。

まぁ、貫地谷しほりと鈴木浩介のコンビが、ちょろっと顔を出してくれてもいいかなと思ったけど。
ATARUのときのSPECみたいに、廊下の奥のほうでそれ風の人たちがガチャガチャやってる感じだけでも。

子役の笑い方は、仲間由紀恵を踏襲してたんだろうなぁ。

最終回の仲間由紀恵の出演シーンは、思ったよりたっぷりしてて良かったです。



DOCTORS 2 最強の名医

「院長になります」は、「患者さんのため」って、最終回まで引っ張りましたね。
誰かの企みに乗っかる形のほうが、真意が分からなくて良かったかも。

最終的には、沢村一樹先生の思惑通り、堂上病院のスタッフの技術や精神的な向上につながったわけですが、あれ、考えてみると、比嘉愛未看護師が大学病院に転職しただけ?
沢村一樹先生、大学病院で特別授業を始めたし。

次回作への伏線ってことかも知れないですね。期待しましょう。

「相良教授」「森山いんちょ」の顔芸には笑った。
高嶋政伸人気は続くのか。



救命病棟24時

ちょっと、あっさりし過ぎてる感じでしたかね。
甥っ子の事故死→臓器移植、感染症→スタッフ感染、センター長の陰謀で5話くらいいけそうな感じでしたけど。

手塚とおるが小悪党過ぎる今クール。
半沢直樹でも早々にケチョンケチョンにやられてたと思ったら、こちらでも院長に「まだ、いたの?」って。

まぁ、その院長も良く分からない性格してますが。
変態さんだったはずなのに。

波瑠は、快方に向かうベッドで、ほぼスッピンで頑張ってたなぁ。
帰れと言っても帰らないほど泊り込んでる医局はバキバキメイクだったけど。

その波瑠の母子関係を、風間俊介と岡本玲が心配してましたが、そりゃ、若村麻由美の顔が浮かんで、お前らの親も大概だったじゃないですかー、と。
堀内正美がゲストで出たしー。


スターマン・この星の恋

ぬぅ、難しいな。
結局、謎は何一つ解き明かされないまま、終焉を迎えてしまった。

富士山の世界遺産への登録記念で、富士山周辺でちょっと面白い話をって感じだったんですかね。

アルフの人間版、ラブコメ風味って解釈なら納得できるかな。
猫食べてもいーい? とか聞かないけど。

星へ帰った有村架純から「一応、待ってる」とメールが来るとか、國村隼と角替和枝の愛とか良いシーンもあったけど、いわゆる「ありがち」なことは出来るだけ避ける作り方だったのかも知れない。
たぶん、違う。




そういや、最近、金融機関のATMが、システム変更のためとかで、数日使えなくなったりしてますが、まぁ、ご不便をお掛けしてとお詫びするくらいなら、数日間、24時間手数料無料とかサービスしてみたらどうだろう。
ご不便お掛けした分、倍返ししますとかさ。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント