FC2ブログ

evolution UC-16 のマニュアル


遠い昔に買った evolution UC-16 、最近、Alter/Ego の声質のコントロールや、今さら、ツマミぐりぐり系テクノでお世話になることが増えてきました。
そのたび、あれ、どうやって使うんだっけ? と、マニュアルを引っ張り出し、ぐげげ、英語版しかないじゃん! を、何度繰り返したか分からないので、良く使うところを書いておこうかと。

本家、英語版のマニュアルはこちら。
http://www.m-audio.jp/images/global/manuals/uc16_user_man.pdf

というわけで、UC-16 ってこんなの。

UC-16_01

当時、MIDIインターフェイスを使わず、USBでPCに直結できるの物は(たぶん、この価格帯では)、まだ珍しかったような気がする。
MIDIアウトもついているので、MIDIインターフェイス経由でデータを送ることも、勿論、可能です。
ま、今となっては、使わないけど。USBならケーブル1本で電源供給してくれるし。

一応、ドライバーが入ったCD-ROMも付属してますが、Macにはインストールした覚えがないなぁ。


UC-16_all

上から見るとこんな感じ。
左下に16個のノブ・ブロック、右上に8個のボタン・ブロックと、その下に12個の、ナンバー と +/- ボタン・ブロック。
16個のノブに、コントロール・チェンジの番号を割り振って、ぐりぐりすると、データが出力されるわけです。


UC16_button

さてさて、使い方。

それでは、ノブに、コントロールチェンジの番号(CCナンバー)を割り当てる方法ですが、

1. 割り当てたいノブをぐりぐりします。
2. 右上のボタン・ブロック、下段左から2個目の「CONTROL ASSIGN」ボタンを押します。
3. LED点滅中に、右下のナンバーボタンでCCナンバーを直接入力するか、+/-ボタンで番号を指定します。
4. LEDの点滅が終わると入力完了です。
簡単。

で、ノブそれぞれにMIDIチャンネルも割り振れる(例えば、ノブ1はMIDIチャンネル1のCCナンバー7、ノブ8はMIDIチャンネル2のCCナンバー7なんていう割り振りも可能なわけです)ので、そのやり方も。

1. 割り当てたいノブをぐりぐりします。
2. 右上のボタン・ブロック、下段右から2個目の「CHANNEL ASSIGN」ボタンを押します。
3. LED点滅中に、右下のナンバーボタンでMIDIチャンネルを直接入力するか、+/-ボタンで番号を指定します。
4. LEDの点滅が終わると入力完了です。

いや、ほぼ一緒の簡単オペレーション。

んでもって、設定が終ったら、UC-16本体にメモリーしておきたいのが人情ってもので、そのやり方はというと。

1. 右上のボタン・ブロック、下段一番右のボタン「RECALL」と、右から2個目のボタン「CHANNEL ASSIGN」ボタンを、同時に押します。(上部にMEMORYと書いてあるボタン2個同時押し)
2. LEDが点滅している間に、メモリーしたいバンク番号をナンバーボタンで入力するか、以下略。
※バンク番号は1~25です。

メモリーしたバンクを呼び出すには、

1. 右上のボタン・ブロック、下段一番右の「RECALL」ボタンを押します。
2. LEDが点滅している間に、呼び出したいバンク番号をナンバーボタンで入力するか、以下略。

バンク番号1~4は、右上のボタン・ブロック上部4個のボタン「PRESETS」で直接呼び出させるようです。(試してない)
なので、ライブなどで、設定を切替ながら演奏(?)する場合は1~4にメモリーすると使いやすくなるかも、ですね。

大体の使い方はそんなところでしょうかね。

あと、便利そうで不便なのが、「SNAP SHOT」。
右下のボタン・ブロックの +/- ボタンを同時押しするというヤツですが、これ、ノブの設定をMIDI出力します。
DAW側で、外部MIDI入力を受けるトラックを作って、REC状態で、 +/- ボタンを同時押しすると、ノブの設定が記録できます。

しかし、UC-16にMIDIを受信する機能がないので、読み込むことができないのです。
まぁ、データを見れば、CCナンバーを確認できるので、もう一度アサインしてやればいいんですけど。たかだか16個のノブだし。
ただし、どのノブにどのCCナンバーが割当ってたかは確認できません。

あとは、右上のボタン・ブロックの「CONTROL SELECT」と「CONTROL ASSIGN」同時押しの「MIDI OUT FROM USB」。
MIDI出力を、MIDI OUT (MIDIケーブルを使う)か、USBで行うかの切替です。
同時押ししたあと、+ボタンを押すと USB 経由、-ボタンを押すと MIDI OUT 経由になります。

これくらいですかね。

「CONTROL SELECT」ボタンを単独で使ってませんが、これはノブをぐりぐりして選択するか、「CONTROL SELECT」ボタンを押した後にナンバーボタンか +/- ボタンで数値入力してノブを選択するかの違いなので、まぁ、使うことはないような気がします。
ちなみに、「CONTROL SELECT」でノブの番号を入力したあとに、「CONTROL ASSIGN」でCCナンバーを入力するという手順になります。

ちょっとマジメなハナシも混ぜつつ


ハイレゾなんてものが出回っているようです。

深夜アニメ枠でも、わざわざアニメで作られたCMが流れていたりして。
ネットのオーディオ記事でも「アニソンにぴったり」みたいなこと書いてあったりして。

でもね、たぶん生音収録した音源じゃないと意味ないんじゃないかと思うんですよ、今のところ。
まぁ、48KHz程度なら今でも効果あるかも、ですが。
96KHzになっちゃうと、サンプラーの音源で対応したものが少ないし。

バンド形式の音源なら、生音の可能性もあるので、効果がありそうですが。

どうにも、アニメのためならお金を沢山使ってくれる人たちをターゲットにしてるだけのキャンペーンに思えて仕方がない。
まぁ、そこをターゲットにして、ある程度ハードが売れて、量産効果でコストが下がって、世の中に普及するなら、悪いことではないとは思いますが、ちょっと商売っ気が過ぎるような気がする。


さてさて、アニメと言えば、アニメのOP、ED曲は、1分半程度に編集されているのですが、1~2回見ると飛ばしちゃうことも多い。
これは録画で見てるからとも言えますが。
深夜アニメの数が増えすぎて、録り溜まっちゃった番組を消化しようと思うと、やっぱり時間がないので、どうしても飛ばしちゃう。
1分半を飛ばしちゃうってどんだけ時間がないんだというハナシ。

OP、EDなんて、下手したら本編より完成度が高い映像がついているのに。

で、音楽の話なんだけど、もう、フルサイズで5~6分という尺が長すぎるんじゃないかという疑問。
フルサイズ3分半くらいでいいんじゃないかな、時代としては。
いや、トランスとかチルアウトとか、尺が必要なジャンルは別として。
まぁ、OP曲なんかは、ちょっと曲の構成が似てるものが多いというのもあるかも知れないけど。


話し変わって、LDHさんの女子ボーカル・ダンス・ユニットのシングル(っていうの? 今どき)って、まぁ、テレビやCMくらいでしか効いたことはないんだけど、歌詞の無意味性が破壊的。
風味付け程度に、色恋のハナシは出てくるけど、「ま、そんなことより踊ろじゃないか、へいへい」的な歌詞ばかり。
アメリカーン! な感じはしますけど。
そういうほうが聞きやすいのかもね。

逆に、欅坂46のデビュー曲は、政治的なメッセージが含まれているように思うけど、あんまり騒ぎにならないのね。
ここで騒いだら、秋元康の思う壺と心得ているからか。
サザンのときは、事務所の前でデモみたいなことになっていたのに。

ところで、46と48の違いは、文科系と体育会系との違いに似ていると思っているのワタシだけだろうか。
明らかに狙っているように思えるのだが。


さて、長年、アイドル・グループの多人数化は、テレビのワイド画面化に深く関わりがあるのではないんじゃないと考えているんですが、そろそろ単独で画面持ちのするカリスマ的アイドルの出現が望まれるところ。
いわゆる、歌姫と言われる人達でさえ、バックダンサーやバンドを引き連れている時代なので、もう、なんか、この人が画面に映っているだけで、脳内麻薬がだだ漏れになるような人が出てこないかなぁなどと妄想するのです。

Plogue 社の無料ヴォーカル・アプリ「Alter/Ego」 の Tips かも知れない備忘録


Alter/Ego を、何曲かで使ってみたので、まぁ、備忘録的な感じで。

S, T, K の子音がキツイ

音色設定で調整できるところもあるものの、サ行で言えば「シ」など、特にキツイ。
もともと、これらの子音がノイズっぽいので、ノイズ感を低減しようと、ディエッサーで調整すると、他のところにも影響が出て、子音がはっきりしなくなって、結果的に何を歌っているかわからなくなる場合も。
Sibilanceで調整できると良いのだが、0まで絞っても気になるのよね。

画像は「して」の「S」「T」の子音と母音の大きさ比較
AlterEgo_ShiTe



逆に m, n の子音が弱い

これは次項に出てくる子音分割によるものかも知れない。
もともと、子音が弱い m, n の子音を分割するため、前の語句の母音の終わりに m, n の発音の頭が付いて、そのあと、子音の途中から発音が始まると、ほぼ母音にしか聞こえないということかも。
なので、レガート気味にするくらいしか解決方法はないと思われ。
テンポが速いと気にならなかったりします。



前の語句の母音の終わりに、次の語句の子音がくっつく

これは、Alter / Ego が、英語を主体としたトーキング・シンセサイザーを元にしているからだと思うけど、例えば、「あー、休符、さー」と歌わせたい場合、極端にいうと「あーす、休符、さー」という風になる。
回避法としては、「あー」のあとの休符部分にベロシティを最低にして母音「あいうえお」を一音挿入するか、波形編集でカットするか。
この辺(子音が分割されている?)がアタックがスローに聞こえる原因かも知れない。

画像は「よ、せ」の「よ」の最後に「S」がついてる波形
AlterEgo_YoSe




「ん」が自動で挿入される

例えば「こんな」という歌詞を、3音に乗せたい場合、歌詞を「こんな」と入力しても、「こん」「な」と分割されて2音で発音が終わってしまう。
「こうんな」「こむんな」「こぬんな」など、子音の目立たない音を入れると「こ」「うん」「な」と3音に乗せることができるけど、若干、発音が気になることもあるので、前の歌詞との流れや符割りなどと合わせて、色々試してみると吉。



曖昧母音さが強調されるときがある

「う、い」のときの「い」が「ぅい」と曖昧母音ぽく、ヨレるように聞こえるときがある。
これは、テンポや符割りによるものかは不明。

画像は「む、い」の「い」がヨレているところ。
AlterEgo_MuI



細かいところでは、母音「あいうえお」によって、音量差があるところも気になりました。
歌詞を変更すると、ベロシティも再調整になっちゃうんで。


今のところ、ざっくりディエッサーをかけて、それでも気になるところは、波形編集でなんとかするのが手っ取り早そうな感じ。
あ、ヒューマナイズの意味もあって、声色の各パラメータのコントロール・チェンジ(MIDI)を、リアルタイムで重ね録りしていったりはしてますよ。

結局のところ、リアルな人の声でも、音程修正や、波形編集はするものだし、それに比べれば、音程は取れているので、手間は多少省けるって感じでしょうか。

まぁ、無料ソフトなので、多くを望んではいけませんね。

Pro Tools 12 でノイズ


Pro Tools のバージョン・アップも無事に済んで、以前のバージョンで作ったセッションの互換性を、PT10 で確認していたんだけど、あらかた問題ないことが分かったので、最新版の PT12 を本格的にテスト。
しようと思って、オーディオ・ファイルをインポートしたところ、プチプチ・ノイズが入る。
ちょっと泣きそう。

AVIDのサポート・ページに、コンピューターを最適化しろ と書いてあるんだけど、あんまり条件に当てはまらないんだよなぁ。

で、いつものごとく、ライブラリ > Preferences > Avid > Pro Tools フォルダを削除。
一応、オーディオ・インターフェイスのメーカーのサポート・ページを確認すると、最新版のドライバーがアップされていたので、インストール。
PC を再起動して、PT12 を立ち上げるとノイズはなくなりました。

で、QuickTime Player X でも、同様のプチプチ・ノイズが出ていたので、こちらも解消されているかと思いきや、こちらはあいかわらず。
Mac のメディア再生系アプリは iTunes に移行してしまったためか、あんまり情報がなく困る。

明け方急に


明け方急にに SPY を聞きたくなってしまった。

佐藤奈々子がボーカルの80年代のバンド。

ヨーロッパ3部作を制作中の加藤和彦プロデュースということで、サウンドもおしゃれだった。
と言っても、ヨーロッパ、デカダンと言った感じではなく、さりげなくダブを取り入れたり。

なにより、佐藤奈々子のボーカルがキュートで強烈だった・・・。

にしても、なんで急に聞きたくなったんだろう、謎。